Infinidat Blog

Cybersecurity Venturesのレポートによると、企業に対するランサムウェア攻撃は14秒に1度発生しています。さらに、企業のITインフラストラクチャに侵入するランサムウェアを検知するのは極めて難しく、被害を受けた後で気付くことも珍しくありません。...

ベンダーの競争が始まって以来、IT ベンダーは自社製品のパフォーマンスを自負してきました。 ベンダーは、パフォーマンスという言葉を、あたかも単純で一面的なものであるかのように扱うことがよくあります。しかし、それは間違いです。データストレージのパフォーマンスには、3つの異なる見方があります。...

ゲストブロガー:エリック・バーゲナー(IDC、インフラストラクチャ・システム/プラットフォーム/テクノロジ部門、リサーチ・バイスプレジデント 多くの企業には、長期的に取引するうえで「好ましい」ベンダーを一覧にした「承認ベンダー」リストがあります。しかし2019年にIDCが行った一次調査によると...

ゲストブロガー:エリック・バーゲナー(IDC、インフラストラクチャ・システム/プラットフォーム/テクノロジ部門、リサーチ・バイスプレジデント) このブログ記事のパート1では、アップグレードのリスクを緩和するために企業用ストレージに採用されている一般的な設計アプローチを取り上げました...

ゲストブロガー:エリック・バーゲナー(IDC、インフラストラクチャ・システム/プラットフォーム/テクノロジ部門、リサーチ・バイスプレジデント) 企業用ストレージプラットフォームのライフサイクル過程で、管理者はおそらくそのプラットフォームを何回かアップグレードするでしょう...

当社は何年にもわたり、一年の最繁期に基づい てインフラの規模を見積ってきました。そのた め、ほとんどの期間、利用率は低下したままで した。仮想化の後、この問題はましになったも のの解決には至っておらず、そのためクラウド バーストが関心の高い話題となりました。 経済的に先行き不透明な時期には特に...

現実を直視しましょう。ランサムウェア攻撃に直面することを予期している企業はありません。その影響に関してはなおさらです。典型的な例は、NHS(および、参考までに2018年データ漏洩/侵害調査報告書によるとその他の786社)が攻撃を受け、医療業務の制御を取り戻し...

調査結果 お客様にとって重要なのは自社の問題であって、ベンダーの製品ではありません。結局のところ、お客様は自社のビジネスジャーニーの成功に向けたペインポイントを解消するために製品を購入するのであり、そのためにはしばしば、自社のビジネスモデルを可能にするために、パフォーマンス、可用性...

EU一般データ保護規則(GDPR)の施行日が2018年5月末に設定されて以来、データ漏えいのリスクについて盛んに議論されるようになりました。個人データを保有するあらゆる企業にとって非常にリスクの高いシナリオが想定され、さまざまな点に注意する必要があります...

この1年、企業のCIO/CISOにとっては大変な時期が続きました。一瞬にして自分のクビが飛んでしまうような重大なデータ漏えい事件がかつてないほど多数発生して大々的に報道され、そうした傾向はしばらく収まる気配がありません。現在、セキュリティ業界には2つの重要なトレンドがあります。...